三代目 中村忠三郎 ご挨拶

創業明治三十年(1897年)【京都西陣千両が辻の老舗糸問屋】

中忠商店は京都西陣の地で明治三十年に糸商として創業いたしました。

創業以来、絹糸(シルク)と麻糸(ラミー)の製造販売、天然繊維のこんにゃく糊付け加工、それらの糸を使用したシルク製品づくりに取り組み続けております。

特色ある糸づくり・製品づくりにこだわり、絹糸については紡績絹糸(絹紡糸、特絹糸、絹紬糸)や柞蚕糸などの野蚕糸、麻糸については自社大江工場(福知山市)でのこんにゃく糊付け加工糸、 その他、金糸銀糸・ステンレス・抄繊糸などを使用した意匠撚糸などを中心に展開。

近年では、自社オリジナルシルク製品の製造販売に加え、シルク製品(手袋・腹巻・肌着・靴下・ストール/スカーフなど)のOEM生産(別注生産)実績も年々増加しております。